底棲性かいあし類ハルパクチクス類の微細分布と種内・種間関係 Small-scale spatial patterns and intra-and interspecific relationships of meiobenthic harpacticoid copepods

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本栽培漁業協会百島実験地(広島県)のマダイ種苗生産池で,底棲性かいあし類ハルパクチクス類の微細分布に関する研究を1980年7,8月の昼間に行った.調査には,内径16mmのチューブを49本束ねた(7×7本)コアサンプラーを用いた.2回の調査で,それぞれ主要種7種を解析の対象とした.主要種は,集中分布をしていた.また,主要種それぞれについて各コアを平均よりも分布密度が高いコアと低いコアに分けた場合,それらはランダムに混ざりあって分布していた.主要種間には,互いに排斥しあって分布する傾向はなく,重なり合って分布する傾向が見られた.同一種内では,抱卵雌と生殖連結をしている雌雄が分布密度の高いコアに出現する傾向が見られた.これらの結果は,生殖期間中にはパッチを形成する主要因は種間競争ではなく,生殖活動であることを示唆している.

The small-scale spatial distribution of meiobenthic harpacticoid copepods was studied in a sea bream nursery pond on Momo Island, Hiroshima, Japan. Sampling was carried out twice in daylight in July and August, 1980. Sediment samples were collected by hand coring using a 7×7 cells multiple contiguous corer. All the abundant species in both samples showed aggregated spatial patterns. For each abundant species, except in two cases, cores with a lower density and cores with a higher density than the mean were randomly distributed in the grid. There was no significant avoidance between species and some species significantly overlapped. Within species, ovigerous females and mating cou-ples were predominantly distributed in densely populated areas. The results suggest that interspecific competition was not the cause of patch generation, but that breeding behavior probably played an important role in patch formation during the breeding season.

収録刊行物

  • 日本ベントス学会誌 = Benthos research  

    日本ベントス学会誌 = Benthos research 49, 39-50, 1995-08-31 

    JAPANESE ASSOCIATION OF BENTHOLOGY

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002094551
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10393541
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02894548
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ