Cr/C値の異なる高クロム鋳鉄と鋼のブレーズ接合性に及ぼす鋼中炭素量の影響 Effects of Carbon Content in Steel on Bondability of High Chromium Cast Iron with Various Cr/C Values and Steel by Brazing

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 鋳造工学 = Journal of Japan Foundry Engineering Society

    鋳造工学 = Journal of Japan Foundry Engineering Society 68(11), 1001-1006, 1996-11-25

    日本鋳造工学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

  • <no title>

    笹栗信也

    鋳物 63, 329, 1991

    被引用文献3件

  • <no title>

    笹栗信也

    鋳物 63, 607, 1991

    被引用文献3件

  • <no title>

    笹栗信也

    鋳物 65, 319, 1993

    被引用文献4件

  • <no title>

    笹栗信也

    鋳物 65, 633, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    笹栗信也

    鋳物 65, 640, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    笹栗信也

    鋳物 65, 789, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    笹栗信也

    鋳物 65, 839, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    RAYNOR G. V.

    The Institute of Metals, Phase Equilibria in Iron Ternary Alloys 148, 1988

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002114247
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10514770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13420429
  • NDL 記事登録ID
    4077952
  • NDL 雑誌分類
    ZP41(科学技術--金属工学・鉱山工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-277
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ