固体超強塩基触媒と有機合成 Solid Superbase Catalyst and Its Application to Organic Synthesis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

γ型のアルミナを攪拌しながら200~600℃で水酸化ナトリウム,金属ナトリウムと逐次加熱処理することによって,塩基強度(H_)が37以上の固体超強塩基が得られることを見出した。本固体超強塩基の調製の要点は,まずアルミナを水酸化ナトリウムと反応させて表面にアルミン酸ナトリウムを生成させ,ついで加熱下に金属ナトリウムで処理することである。このことにより塩基強度(H_)が37以上という最強の固体超強塩基触媒が得られるが,ここで,(1)原料のアルミナとして,γ型を用いることが超強塩基性を発現するうえで重要である,(2)アルカリ金属添加時の処理温度も重要な因子である,(3)アルミン酸ナトリウムの常圧における二つの構造,すなわちβ型(低温安定型)とγ型(高温安定型)のうち,こうして調製したものは室温でもγ型構造が保持されることから,このアルミン酸ナトリウムはアルミナとの相互作用により束縛された構造を有している,(4)触媒の<SUP>23</SUP>Na固体NMRスペクトルでは,Na+に帰属されるピークのみを示し,(5)XPSスペクトルによると,金属ナトリウムからアルミン酸ナトリウムに電荷の移動が生じて酸素原子の電子密度がさらに高くなっている,などのことが明らかになった。かかる新知見をいかすことによって,高活性な固体超強塩基触媒が安定して製造され,実用化されるに至った。

収録刊行物

  • 表面科学  

    表面科学 16(1), 69-72, 1995-01-10 

    The Surface Science Society of Japan

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002114842
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334149
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03885321
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ