化学反応系における界面特異性とイメージプロセシング Surface Peculiarity and Image Processing in Chemical Reaction Systems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,化学振動反応を利用した並列演算処理の研究が盛んである。特に光感受性のBelousov-Zhabotinsky(BZ)反応は,視覚系類似の画像処理を自動的に行うシステムとして注目を集めている。振動反応液上に光感受性単分子膜を形成すると,その光学イメージの直接観察から反応系表面における画像処理過程やパターン形成のダイナミクスについての情報を得ることができる。この技法を用いた最近の研究により,BZ反応液表面では化学波の断片化や周期2倍化といったバルクでは見られない非線形性が現れることが明らかとなった。さらに,単分子膜と反応液組成物質との光化学反応を利用して化学波の時空間特性を光制御する可能性が示された。このような分子組織体と非線形化学媒体との組み合わせは複雑な生体情報処理のモデル系として今後の展開が期待される。

収録刊行物

  • 表面科学  

    表面科学 17(6), 314-320, 1996-06 

    The Surface Science Society of Japan

参考文献:  40件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002117396
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334149
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03885321
  • NDL 記事登録ID
    3974958
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-379
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ