超高真空STMで安定な原子像を得るためには? -試作と実験のノウハウ(II)- How Have We Tried to Get STM Images with Atomic Resolution in UHV Using Our Lab-made STMs? -Recipes for Designs and Experiments (II)-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 富取 正彦 TOMITORI Masahiko
    • 北陸先端科学技術大学院大学 Japan Advanced Institute of Science and Technology, Hokuriku The School of Materials Science

収録刊行物

  • 表面科学  

    表面科学 17(6), 352-355, 1996-06 

    日本表面科学会

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002117507
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334149
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03885321
  • NDL 記事登録ID
    3974964
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-379
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ