割裂注入による液状化抑止に関する考察 Study on the Effect of Fracturing Grouting on Cyclic Liquefaction Resistance

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 内田 晃一 UCHIDA Koichi
    • 秩父小野田(株)セメント・コンクリート研究所地盤改良グループ Cement and Concrete Laboratory, Chichibu Onoda Cement Corporation
    • 大森 啓至 OHMORI Hiroshi
    • 秩父小野田(株)セメント・コンクリート研究所地盤改良グループ Cement and Concrete Laboratory, Chichibu Onoda Cement Corporation
    • 丸田 俊久 MARUTA Toshihisa
    • 秩父小野田(株)セメント・コンクリート研究所地盤改良グループ Cement and Concrete Laboratory, Chichibu Onoda Cement Corporation

抄録

As a soil improvement measure, grouting is expected not only to consolidate loose sandy ground by permeation but also to constrain ground behavior by fracturing. In order to investigate the effect of fracturing grouting on cyclic liquefaction resistance, undrained cyclic triaxial tests were performed on specimens made of Toyoura standard sand and containing sheets made of cement mortar. It was found that the cyclic liquefaction resistance of specimens containing 4% mortar sheets by volume was 1.2 to 1.5 times as great as that of specimens containing only sand and having the same porosity conditions.

収録刊行物

  • 無機マテリアル : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学 = Inorganic materials

    無機マテリアル : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学 = Inorganic materials 4(266), 41-45, 1997-01

    The Society of Inorganic Materials, Japan

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

  • <no title>

    土質工学会

    液状化対策の調査 設計から施工まで

    被引用文献1件

  • <no title>

    阿知波文夫

    土木学会論文集 (487), 41, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    望月美登志

    土の非排水くり返し試験に関するシンポジウム発表論文集 109, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    土質工学会

    土質試験の方法と解説

    被引用文献1件

  • <no title>

    土質工学会

    土質地震工学

    被引用文献2件

  • 1683 補強土工法の液状化防止対策への適用製

    福島 伸二 , 望月 美登志 , 香川 和夫 , 久野 悟郎

    土と基礎 35(4), 5-10, 1987-04-25

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002122318
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10455831
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13407899
  • NDL 記事登録ID
    4107245
  • NDL 雑誌分類
    ZP9(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業--セラミックス・窯業)
  • NDL 請求記号
    Z17-B79
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ