もみがら灰と水酸化カルシウムとの水熱反応およびメカノケミカル反応 Hydrothermal and Mechanochemical Reactions of Rice Husk Ash with Calcium Hydroxide

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

もみがら灰と水酸化カルシウムの水熱あるいは常温にメカノケミカル反応によって, ケイ酸カルシウム水和物の一種であるCa<SUB>1.5</SUB>SiO<SUB>3.5</SUB>・<I>x</I>H<SUB>2</SUB>Oを合成できることがあきらかになった.その化合物の平均直径は10μm以下であり, 合成法と条件によって変化する.ポルトランドセメントペースト中のC-S-Hゲルと同じように, 温度約40℃において水熱法によってえられた化合物は多孔質な構造と大きな比表面積を有するフロックを構成しているように観察された.生成物を加熱するとその構造と細孔に存在する水分を順次に失うが, 750℃までは非晶質な状態を保持した.780℃以上の温度においてはけい灰石に変化した.

A calcium silicate hydrate, Ca<SUB>1.5</SUB> SiO<SUB>3.5</SUB>·<I>x</I>H<SUB>2</SUB>O, was synthesized either by a hydrothermal or mechanochemical method using rice husk ash (RHA) and calcium hydroxide as raw materials. The particle diameters of the products prepared by the hydrothermal synthesis were mostly less than 10 μm with an average between 4.8 μm and 7.9 μm and were varied according to the synthetic method and conditions. Finer calcium silicate hydrate could be prepared by the mechanochemical synthesis. Similar to C-S-H gel in Portland cement paste the product appeared to be flocs with a porous structure and large specific surface area. When the product was heated it gradually lost the water that existed in its structure and pores but kept amorphous state up to 750°C. Above 780°C it was changed to wollastonite.

収録刊行物

  • 無機マテリアル : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学 = Inorganic materials  

    無機マテリアル : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学 = Inorganic materials 5(274), 208-214, 1998-05 

    The Society of Inorganic Materials, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002124068
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10455831
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13407899
  • NDL 記事登録ID
    4471024
  • NDL 雑誌分類
    ZP9(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業--セラミックス・窯業)
  • NDL 請求記号
    Z17-B79
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ