チェルノブイル事故の帰結に関する第1回 EC, ベラルーシ, ロシア, 及びウクライナ合同国際会議, 他に出席して 1st International Conference of the EC, Belarus, Russian Federation and Ukraine on the Radiological Consequences of the Chernobyl Accident.

この論文をさがす

著者

    • 天野 光 AMANO Hikaru
    • 日本原子力研究所環境安全研究部 Department of Environmental Safety Research, Japan Atomic Energy Research Institute

収録刊行物

  • 保健物理 : hoken buturi  

    保健物理 : hoken buturi 31(3), 376-378, 1996-09 

    日本保健物理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002136098
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00228458
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    03676110
  • NDL 記事登録ID
    4056576
  • NDL 雑誌分類
    ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z16-696
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ