第2回広島国際シンポジウム"放射線による長期低線量被曝の人体影響-セミパラチンスク核実験被災地区をモデルとして-"の開催 Second Hiroshima International Symposium, Effects of Low-level Radiation for Residents near Semipalatinsk Nuclear Test Site

この論文をさがす

著者

    • 高田 純 TAKADA Jun
    • 広島大学原爆放射能医学研究所附属国際放射線情報センター International Radiation Information Center, Research Institute for Radiation Biology and Medicine, Hiroshima University
    • 金 隆史 KIN Ryuji
    • 広島大学原爆放射能医学研究所附属国際放射線情報センター International Radiation Information Center, Research Institute for Radiation Biology and Medicine, Hiroshima University
    • 星 正治 HOSHI Masaharu
    • 広島大学原爆放射能医学研究所附属国際放射線情報センター International Radiation Information Center, Research Institute for Radiation Biology and Medicine, Hiroshima University
    • 早川 式彦 HAYAKAWA Norihiko
    • 広島大学原爆放射能医学研究所附属国際放射線情報センター International Radiation Information Center, Research Institute for Radiation Biology and Medicine, Hiroshima University

収録刊行物

  • 保健物理 : hoken buturi  

    保健物理 : hoken buturi 32(1), 97-98, 1997-03-31 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002136429
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00228458
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    03676110
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ