線量概念の変遷 <第I部>基本線量 Development of the Concepts on Radiation Dose Part I : Fundamental Dose

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

放射線の影響を取り扱う科学における量的関係の記述に不可欠な"線量"について, その概念発展の歴史を, 正確と簡潔を旨に取りまとめた。歴史的発展の必然性を考察し, 現在使用されている線量概念の内蔵する問題点の抽出を試みた。関係資料は, 可能な限り原典にさかのぼり調査した。第I部では基本線量, 第II部では防護線量を取り扱う。

First centennial history of the concepts on radiation dose was reviewed. In principle, investigations were made on the original texts. Inevitabilities of the history were searched for and morals from the history were discussed. Underlying problems were extracted and directions to improve the system of radiation dosimetry were suggested. In this Part I, the fundamental dose is treated, while in Part II, which will appear in near future, the protection dose will be discussed.

収録刊行物

  • 保健物理 : hoken buturi  

    保健物理 : hoken buturi 32(2), 153-166, 1997-06-30 

    Japan Health Physics Society

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002136466
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00228458
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03676110
  • NDL 記事登録ID
    4247996
  • NDL 雑誌分類
    ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z16-696
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ