新しい内部被ばく線量係数の適用について -作業者及び一般公衆の内部被ばく線量評価の観点から- Application of New Dose Coefficient to Occupational Dose and Public Dose Assessment in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 百瀬 琢麿 MOMOSE Takumaro
    • 動力炉・核燃料開発事業団東海事業所安全管理部 Health and Safety Division, Tokai-works, Power Reactor and Nuclear Fuel Development Corporation

収録刊行物

  • 保健物理 : hoken buturi  

    保健物理 : hoken buturi 33(2), 118-120, 1998-06 

    Japan Health Physics Society

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002136956
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00228458
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03676110
  • NDL 記事登録ID
    4522641
  • NDL 雑誌分類
    ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z16-696
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ