体外計測装置の校正用ファントムにおける高度化の意義とその方向 Significance and Direction of Advancement in Calibration Phantom for External Counting System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 石川 徹夫 ISHIKAWA Tetsuo
    • 放射線医学総合研究所人間環境研究部 Division of Human Radiation Environment, National Institute of Radiological Sciences

収録刊行物

  • 保健物理 : hoken buturi  

    保健物理 : hoken buturi 33(3), 264-268, 1998-09 

    Japan Health Physics Society

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002137236
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00228458
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03676110
  • NDL 記事登録ID
    4585329
  • NDL 雑誌分類
    ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z16-696
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ