内装材に発生するカビ対策 Fungal Contamination of Wall Covering Material and Control

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

建築物用の内装材にカビが発生し廃棄されている (Fig.1~Fig.3).本研究では内装材に発生するカビの分離同定と発生原因の究明, 及び防止対策を考察した.内装材の抜本的な防カビ対策として複合抗菌剤を配合した防カビ内装材はカビ抵抗試験でもカビが発生しない.これらを使用して施工した建物には, 30か月~5年経過後もカビの発生がない.

It is a one of the serious problem that unhealthy influences upon human life by fungus and aphides growing inside dwelling and hospital. Vinyl cloth in hotels dwelling and hospitals that were covered on the wall and ceiling and emulsion paintings were used in food industries and clean room are susceptible fungus growth. Fungus inside the house and hotel were discussed.

収録刊行物

  • マテリアルライフ

    マテリアルライフ 7(1), 21-26, 1995-01-25

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

  • <no title>

    GILMAN J. C.

    A manual of soil Fungi, 214-358, 1971

    被引用文献2件

  • <no title>

    BARNETT H. L.

    II lustrated Genera of Imperfect Fungi, 64-204, 1972

    被引用文献1件

  • <no title>

    井上真由美

    微生物災害と防止技術, 206-216, 1977

    被引用文献1件

  • <no title>

    井上真由美

    建物のカビ, 63-73, 1979

    被引用文献1件

  • <no title>

    小笠原和夫

    カビの科学, 67-71, 1981

    被引用文献2件

  • <no title>

    井上真由美

    微生物の知られざる世界, 81-115, 1992

    被引用文献2件

  • PCタンクに発生するカビ対策

    国井 玄雄 , 井上 真由美

    マテリアルライフ 5(4), 114-118, 1993

    J-STAGE 被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002138826
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ