屋外暴露したナイロン6の化学的および力学的変化 Chemical and Mechanical Changes in Outdoors Exposed Nylon 6

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

屋外暴露したナイロン6フィルムの化学的および力学的変化を調べた.分子量, 分子量分布, および紫外線吸収スペクトルの変化について, 結晶化度が約50%と25%のフィルムを比較したが両者に差は見られなかった.この結果は, ナイロン6では結晶領域と非晶領域が同様に劣化していることを示唆している.これは非晶領域がガラス状態であることによるのかもしれない.…方, 破断伸びの場合には, 高結晶化度フィルムの方が速く低下した.これは結晶化度が高い方がタイ分予が少ないためであると考えられる.50から150μmの厚さの範囲では, 分子量, 紫外線吸収スペクトル, および引張強さの変化について厚さによる差は見られなかった。一方, 破断伸びに関しては, 厚い程伸びの低下は遅い傾向が見られた.

Chemical and mechanical changes in outdoors exposed nylon 6 films were examined. The films with ca. 50 % and 25 % crystallinities exhibited the same changes in the molecular weight, molecular weight distribution, and UV spectrum, suggesting that crystalline and amorphous regions of the outdoors exposed nylon 6 degrade in a similar way. This may be because the amorphous region of nylon 6 under the outdoor weathering is in a glassy state. On the other hand, the elongation at break of the high-crystallinity film decreased more rapidly than that of the low-crystallinity film, because the former would have less tie molecules. In the film thickness range between 50 and 150 p m, the changes in the molecular weight, UV spectrum, and tensile strength were independent of the film thickness, while the elongation at break for a thicker film tended to decrease more slowly.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 7(1), 27-31, 1995-01-25 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002138834
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ