ポリフェニレンエーテルの熱劣化と転位を伴う分解 Thermal Degradation of Polyphenylene-ether with Rearrangement Reaction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリフェニレンエーテル (ポリ (オキシ-2, 6-ジメチル-1, 4-フェニレン) 又はPPE) の熱劣化と分解の研究の結果, 4種類の主な単環体の分解生成物と数種類の二環体分解生成物が得られた.単環体の主要な分解生成物は, PPEの合成原料である2, 6-xylenol, o-cresol, 2, 4-xylenelおよび2, 4, 6-trimethylphenolであり, これらの化合物の化学構造と組成から, 熱負荷によりPPEの主鎖のエーテル結合がC-C結合を生成する転位反応を起こして主鎖中の一部がメチレンブリッジになり, 更に生成したメチレンブリッジが切断される可能性が示唆された。二環体の分解生成物の組成をも考え合わせると, PPEの熱分解はメチレンブリッジが生成する転位反応とそれに続く反応が比較的単純な開裂をすると考えられる.PPEの熱劣化の場合に構造変化を受けてから主鎖の開裂などが続くので熱的な構造変化を検討する場合には「合成直後の高分子構造」ではなく「熱分解直前の経時高分子構造」を考慮する必要があることを示唆している.

Four major phenolic compounds, o-cresol, 2, 6-xylenol, 2, 4-xylenol and 2, 4, 6-trimethyl-phenol were obtained as monomeric scission products from thermal degradation of poly (oxy-2, 6-dimethyl-1, 4-phenylene) (polyphenylene ether or PPE) in an inert atmosphere. The dimeric scission products were more complicated than the monomeric products. The quantitative analysis of both scission products were took into accounts so as to elucidate the degradation mechanism. The chemical structures of the scission products suggested that the ether bridges on the main chain are partially converted to methylene bridge to form C-C bonds prior to the thermal degradation. The composition can be explained by the cleavage of the C-C bonds in almost equal probability. The structure of the aged polymer is much more relevant to the thermal degradation mechanism than that of the polymer just after prepared in the case of the thermal degradation of PPE.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 7(3), 126-135, 1995-07-25 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002138966
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ