オレフィン系ポリマーにおけるノンハロゲン難燃剤及び難燃助剤の燃焼抑制挙動 Flame Retardant Effect of Nonhalogen Flame Retardant and Coagent in Polyolefin

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

電線用ノンハロゲン難燃材料の課題であった難燃性と機械的特性の両立を図るために難燃剤及び難燃助剤の検討を行った.難燃剤として水酸化マグネシウム, 水酸化アルミニウム, 化学変性水酸化マグネシウム及び化学変性水酸化アルミニウム, 難燃助剤としてカーボンブラック, オルガノポリシロキサン, リン酸エステル及びヒドロキシ錫酸亜鉛の検討を行った.コーンカロリーメータと熱分析の結果, 難燃剤として化学変性水酸化マグネシウム, 難燃助剤としてオルガノポリシロキサンを用いる併用系が優れた難燃特性を示し, 機械的特性にも優れることが分かった.

The article focused on the combination effect of the flame retardant agent and the coagents to design the electric cable that have not only the excellent flame retardability but also the sufficient mechanical properties for the practical use. The chosen flame retardant agents were nonhalogen types such as magnesium hydroxide, aluminum hydroxide and the those of chemically modified. The coagents studied were carbon black, phosphoric ester, organopolysiloxane and hydroxy zinc stannic acid. As a result, we concluded that chemically modified magnesium hydroxide with organopolysiloxane coagents showed the excellent flame retardability and mechanical properties.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 11(1), 26-33, 1999-01-30 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002139164
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • NDL 記事登録ID
    4646143
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ