プロジェクトSS433 : モデル光度曲線 SS433 Trek 2 : Light Curve Analysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近接連星系SS433において,伴星からコンパクト星に向かつて流れ込んだガスがコンパクト星のまわりでどのような形状をしているかは,ジェッ卜形成の機構にとって非常に重要な問題だが,いまだ決着していない.本稿では, SS433の主星がコンパク卜皇を取り囲むガストーラスだというモデルに基づいて求めた司光度曲線のモデル計算を紹介する.主なモデルパラメータは,連星の質量比,伴星の表面温度,そしてトーラスの厚み形状である.観測された(公転&歳差)光度曲線と比べた結果,質量比は2程度(コンパク卜星はブラックホール),トーラスがあまり厚くなく,また伴星の表面温度が17000K程度のモデルが観測によく合うことがわかった.We have ca1culated theoretical light curves of SS 433 during eclipse and precession,using a model in which SS 433 consists of a geometrically thick torus around a compact star and a companion star filling the Roche lobe. In order to interpret a bright hump at the precession phase of 0 (the torus is seen from the "bottomside"),the configuration of the torus is not so very thick but should be mildly thick, Combinations of light curves during eclipse and precession impose severalconstraints on the physical parameters; a binary mass ratio,a torus configuration, and a surface temperature of the companion. The favorite combination is that the mass ratio is about 2 (a compact star is a black hole) and the surface temperature of the companion is around 17000K.

収録刊行物

  • 天文月報  

    天文月報 91(5), 210-219, 1998-05 

    日本天文学会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002142541
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00154555
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03742466
  • NDL 記事登録ID
    4457930
  • NDL 雑誌分類
    ZM33(科学技術--宇宙科学)
  • NDL 請求記号
    Z15-38
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ