銀河中心核文明(降着円盤文明)その1 降着円盤をめぐる惑星の居住環境 Accretion Disk Civilization 1 : Habitable Zone around Accretion Disks at Galactic Nuclei

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

活動銀河中心核の降着円盤(外縁部)が最近どんどん見つかり始めた.恒星の空間密度がきわめて高い銀河中心では,それに比例して惑星の存在確率も高いと予想されるが,一方で,変動指数が高いため(地球型)生命の存在にとってはかなり荒々しい環境と考えられる.そこで本稿では輻射場/平衡温度の観点から,超大質量ブラックホールを取り巻く降着円盤周辺でののハビタブルゾーンの問題を検討してみた.標準降着円盤の場合,ブラックホールの質量が太陽の1億倍程度なら生命は生存できそうである.The space density of stars,and therefore,the possible number of planets are expected to be high in the central region of galaxies. While the galactic nuclei may be rather wild places due to the existence ofthe supermassive black holes and the surrounding accretion disks. As the first step to investigate the advanced civilizations in the galactic nuclei,we examine the equilibrium temperature and related problems of possible planets in the vicinity of accretion disk.

収録刊行物

  • 天文月報  

    天文月報 88(5), 199-205, 1995-05 

    日本天文学会

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002143130
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00154555
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03742466
  • NDL 記事登録ID
    3609118
  • NDL 刊行物分類
    MB0(宇宙科学)
  • NDL 雑誌分類
    ZM33(科学技術--宇宙科学)
  • NDL 請求記号
    Z15-38
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ