銀河中心核文明(降着円盤文明)その2 サンフックからフォトンフローターへ Accretion Disk Civilization 2 : From Sunhook to Photon Floater

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

活動銀河中心核に存在する超大質量ブラックホール局辺の降着円盤からは,膨大な量のエネルギーが放射されている.そのようなフラックホール―降着円盤系のエネルギーを利用するためのステーションとして,降着円盤自身から放射される強烈な輻射圧によって支えられた浮遊プラットフォーム〈フォトンフローター〉の配置や安定性について考察した.まず降着円盤系から十介遠方に配置したファーフローターの場合,(超大質量フラックホールの)重力と(降着円盤からの)輻射圧が釣り合う臨界浮遊角度が存在することがわかった.降着円盤の直上に浮かべたこアフローターでは,やはり特定の高度―浮遊高度―で重力と輻射圧が釣り合う(より一般には浮遊半径も存在する).しかもこの浮遊高度は,力のバランスにおいて,安定な平衡点てeあることがわかった.なお降着円撃の軸上に置いたアクシズフローターの場合は,不安定でまた危険である.An accretion disk surrounding a supermassive black hole at the active galactic nuclei radiates the tremendousenergy. In order to utilize energy of the accretion disk system,we investigate the configuration and stability of a floating platform -PHOTON FLOATER - above the accretion disk,which is supported by the radiation pressure of the disk radiation. In the case of the FAR-FLOATER,which is located far from the disk,there exists a critical floating angle,where the gravitational force of the centeral black hole is balanced with radiation pressure. In the case of the NEAR-FLOATER,which is located very close to the disk,there exists a critial floating height,where the gravity is balanced with radiation. It is demonstrated that this floating height is dynamically stable. Finally, in the case of the AXIS-FLOATER,which is located onthe axis of the disk,the photon floater is unstable.

収録刊行物

  • 天文月報  

    天文月報 88(6), 244-253, 1995-06 

    日本天文学会

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002143155
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00154555
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03742466
  • NDL 記事登録ID
    3609119
  • NDL 刊行物分類
    MB0(宇宙科学)
  • NDL 雑誌分類
    ZM33(科学技術--宇宙科学)
  • NDL 請求記号
    Z15-38
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ