カッコウによるノビタキの雛の殺害 Killing Nestlings Stonechats by the Common Cuckoo

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 木下 慎 KINOSHITA Makoto
    • Laboratory of Wildlife Ecology, Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine Laboratory of Wildlife Ecology, Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine
    • 加藤 千智 KATO Chisato
    • Laboratory of Wildlife Ecology, Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine Laboratory of Wildlife Ecology, Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine

抄録

1994年5月30日に帯広畜産大学の農場において、カッコウがノビタキの雛を殺すのが観察された。ノビタキの雌親の激しい攻撃にもかかわらず、カッコウは繰り返し巣に飛び込み頭を巣に入れた。巣にはふ化後2日目の6羽のノビタキの雛と1つの卵があったが、カッコウが飛びさったあと6羽の雛は巣の外に落ちており、卵はなくなっていた。すべての雛は内出血しており4羽はすでに死んでいた。

収録刊行物

  • 日本鳥学会誌 = Japanese journal of ornithology  

    日本鳥学会誌 = Japanese journal of ornithology 44(2), 99-100, 1995-06-25 

    日本鳥学会

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002154770
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10314294
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0913400X
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ