小笠原諸島父島におけるオガサワラノスリの樹上営巣記録 Tree nesting by Ogasawara Buzzards on Chichijima, in the Bonin Islands.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 上田 雅子 UEDA Masako
    • 奈良女子大学理学部動物生理生態学教室 Laboratory of Animal Physiology and Ecology, Faculty of Science, Nara Women's' University

抄録

岩棚だけにしか営巣しないと思われていたオガサワラノスリ <i>Buteo buteo toyoshimai</i> が,1997年3月から5月にかけて小笠原諸島父島清瀬地区において,人為移入高木種のモクマオウ <i>Casuarina equisetifolia</i> に営巣した.また,島民からの聞き取り調査で1950年代の後半にも同様に移入種のリュウキュウマツ <i>Pinus luchuensis</i> に営巣した記録があることが明らかになった.

収録刊行物

  • 日本鳥学会誌 = Japanese journal of ornithology  

    日本鳥学会誌 = Japanese journal of ornithology 46(3), 175-176, 1998-02-25 

    日本鳥学会

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002155694
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10314294
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0913400X
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ