遮音壁の形状と厚さについての境界要素法による減音効果の考察 Numerical Study on the Noise Reduction Effect of Shape and Thickness of Noise Barriers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

二次元境界要素法を用いて新型遮音壁および二重壁について壁の形状と厚さによる騒音低減効果について検討を行なった。先端に構造体を設置した遮音壁の効果を厚みのある壁とみなした計算結果と比較したところ, 反射性の円筒型構造体を設置した壁の騒音低減効果は同じ厚さの直壁とほぼ同程度であったが, 吸音性の円筒型構造体を設置した壁では, 直壁より大きな減音量が得られた。次に遮音壁の形状による騒音低減効果の違いを比較したところ, 二重壁が最も減音効果が大きかった。高架道路に設置した場合には, 遮音壁に近い領域での騒音低減にはY型遮音壁よりもマッシュルーム型吸音構造体を設置した壁が有効であることがわかった。

This paper describes the noise reduction effects of the shape and the thickness of a device on the top of barriers. The analysis was made by Boundary Element Method (BEM). The results show as follows.<br>(1) The effect of the barrier with a reflective cylinder is similar to that of the same width simple barrier. While, in the case of the barrier with an absorptive cylinder, the effect is greater than that of the same width simple barrier.<br>(2) The most effective barrier is double barrier, and the next one is the barrier with Y-shaped device.<br>(3) At the near site of the highway bridge, the barrier with an absorptive mushroom device is more effective than that with Y-shaped device.

収録刊行物

  • 騒音制御  

    騒音制御 22(5), 288-298, 1998-10-01 

    The Institute of Noise Control Engineering of Japan

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002169936
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00361298
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03868761
  • NDL 記事登録ID
    4574852
  • NDL 雑誌分類
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-720
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ