残存した局所止血剤は生体組織へどのような反応を示すか -微繊維性部分脱アセチル化キチン塩酸塩の挙動について- How does the residual topical hemostatic agent behave in vivo? -partially deacetylated chitin hydrochloride(DAC-HCI)-

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 生体材料  

    生体材料 16(4), 196-202, 1998-08-10 

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002180900
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00081189
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0910304X
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ