武蔵野台地・大宮台地における第四紀後期段丘面の高度分布から見た荒川断層の活動性についての再検討 A Reconsideration of the Activity of the Arakawa Fault Deduced from the Longitudinal Profiles of Late Quaternary Terraces in the Musashino and Omiya Uplands

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では武蔵野台地北東部の荒川低地で推定される荒川断層の,第四紀後期における活動度について考察した.武蔵野台地は扇状地性の礫層によって構成され,高度分布とテフラ層序から,上位よりS面(下末吉面)・M1面(成増面)・M2面(武蔵野面)・M3面(中台面)・Tc面(立川面)に区分される.大宮台地はS面とM1面に対比される. S面は海成層で構成され, M1面は主に河成の砂質堆積物からなる.同時代に離水した大宮台地と武蔵野台地の構成層の層相が異なることから,S面の形成当時は,現在の両台地の間において武蔵野側の水系が海に流入し,M1面の形成時期には,両台地の間において二っの水系が合流していたと考えられる.これらを考慮した上で,荒川断層を横切る段丘縦断面を描いたところ,断面はスムーズに連続した.また武蔵野台地のS面とM2面の勾配を比較したところ,累積変位はみられなかった.これらの結果から荒川断層の第四紀後期における活動は認められないと考えられる.

This study discusses the late Quaternary activity of the Arakawa fault, which runs along the Ara-kawa lowlands, between the Musashino and Omiya uplands. The Musashino upland is composed of an alluvial fan. These uplands are tephrostratigraphically and height-distributively divided into the S surface (Shimosueyoshi surface), M1 surface (Narimasu surface), M2 surface (Musashino surface), M3 surface (Nakadai surface), and Tc surface (Tachikawa surface) in descending order. The Omiya upland is correlated with the S and M1 surfaces. The S surface is composed of marine sediment and the M1 surface is mainly underlain by fluvial sand.<br> There is no significant height change in the longitudinal terrace profiles across the Arakawa fault. A comparison of the gradient between the M2 surface and S surface of the Musashino upland shows no accumulative deformation. These results suggest that the Arakawa fault had no activity during the late Quaternary.

収録刊行物

  • 地理学評論. Ser. A  

    地理学評論. Ser. A 72(5), 335-344, 1999-05-01 

    The Association of Japanese Geographers

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002223412
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1016484X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00167444
  • NDL 記事登録ID
    4718230
  • NDL 雑誌分類
    ZG1(歴史・地理)
  • NDL 請求記号
    Z8-571
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ