最近の年代測定法の進歩の概要 : イントロダクション

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

46億年前に地球が誕生, 約400万年前には人類の祖先が出現し, 20世紀後半には地球環境に影響を及ぼすまで文明を発展させました。人類が将来にわたって地球と共存していくために, 過去の地球の歴史を解明することの重要性が増しています。地球の歴史で起きた様々な地質現象に時間の目盛をいれるために, 様々な年代測定法が開発され適用されてきました。特に最近は, 測定法の技術開発がめざましく, 鉱物一粒子単位の年代測定法の開発, 具体的な地質現象に直接関連した年代測定法の開発が行なわれつつあります。

収録刊行物

  • 地學雜誌  

    地學雜誌 106(1), 123-125, 1997-02-25 

    Tokyo Geographical Society

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002235069
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00322536
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    0022135X
  • NDL 記事登録ID
    4148836
  • NDL 雑誌分類
    ZM41(科学技術--地球科学)
  • NDL 請求記号
    Z15-169
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ