蜘蛛の飛行の力学 Dynamics on the Flight of a Spider

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

小型のクモ (蜘蛛) の中には上昇流に乗って空を飛ぶクモがいる.浮揚力は, 糸出突起部から噴出された一条の糸に働く風からの摩擦力である.糸に働く正味の摩擦力の上向き成分がクモの重量より大きくなれば飛び立っことができ, 一様風の中で糸は最終的に鉛直線になって定常飛行する.<BR>クモの糸は非常に細くしなやかであり, 糸の太さに基づいて算出した局所相対速度のレイノルズ数は小さな値を取る.このため, 糸は効率的に空気からの摩擦力を受けとめて, クモの大きな質量を支える張力の伝達媒体としての役割を果たす.本研究では, 飛行クモの糸の変形を支配する力学を考察定式化して, 一様風中でのクモの飛び立ちから定常飛行に至る過程の数値シミュレーションを行った, また, 液体を用いた模擬実験を行って, 数値計算と比較した.

Some small spiders fly in the air by means of their spinned long threads which are dragged by a ascending current. The spider may take off the ground when the upward component of the net drag force excerted on the thread exceeds its weight. In a uniform wind, it eventually travels at a constant velocity with its thread stretched vertically straight.<BR>The fine thread is very effective to capture the lifting force because of its small local Reynolds number and mass. It is also so flexible that it serves as a mass-less medium to transmit the tensile force along itself to suspend the massive spider. The physics underlying the deformation of thread is formulated in order to numerically simulate the transient process of spider's flight from its take-off to steady flight. Experiments using liquid in place of air are conducted for the measurement of required drag law and for comparison with numerical results.

収録刊行物

  • ながれ : 日本流体力学会誌  

    ながれ : 日本流体力学会誌 15(6), 502-514, 1996-12-25 

    The Japan Society of Fluid Mechanics

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002254711
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00175191
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02863154
  • NDL 記事登録ID
    4116449
  • NDL 雑誌分類
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学)
  • NDL 請求記号
    Z14-911
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ