合成糖脂質-加水分解酵素モデルとして Synthetic Glycolipids-As Hydrolase Models

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アミノ酸基の結合した環式糖および鎖式糖残基を含む合成糖脂質は, 加水分解活性を有し, 加水分解酵素モデルとなる。この合成糖脂質モデルを他の多くの提案されている長鎖アルキル基置換アミノ酸型モデルと比較し, その特徴を明らかにしている。すなわち合成糖脂質は, それ自体がミセル・ベシクルを形成する両親媒性物質であるが故に他の多くのモデルと違って両親媒性物質を共存させなくても良いこと, エステル結合ばかりでなく, 従来のモデルでは加水分解し得ないアミド結合やグリコシド結合も加水分解できること, また基質識別に関してはアミノ酸のD, L一識別のほかにアミノ酸の種類の識別, グリコシド結合のα型とβ型の識別も行い得ることなどの特徴を有することが説明されている。その他, 合成糖脂質の加水分解の活性点やその活性に及ぼす反応場の影響についても議論されている。

Synthetic Glycolipids, which contain cyclic or acyclic suger moieties connected, in some, cases, with amino acid (s), have hydrolyzing abilities as hydrolase models. Characteristics of these models are made clear in comparison with those of other models, mainly histidine derivatives substituted with higher alkyl group (s), proposed so far. That is, synthetic glycolipids are distinguished by hydrolyzing activities that they do not need coexistence of amphiphilic substance (s) which are indispensable for other hydrolase models, that they can hydrolyze not only ester bonds, but amide and glycoside bonds which are too strong to be hydrolyzed by other models, and that, in addition to recognition of D, L-configuration of amino acides, they can recognize kinds of amino acids as well as α, β-glycoside bonds. The active site of glycolipids on hydrolyses and the effect of reaction fields on hydrolyzing activities of glycolipids are also discussed.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(1), 3-12, 1996-01-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002268280
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    3954762
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ