フルオロアルキル基含有1, 3-ジビニルテトラメチルジシロキサン-アクリル酸コオリゴマーの合成と性質 Synthesis and Properties of 1, 3-Divinyltetramethyldisiloxane- Acrylic Acid Co-oligomers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

過酸化フルオロアルカノイルと1, 3-ジビニル-1,1,3,3-テトラメチルジシロキサンおよびアクリル酸とのラジカル環化コオリゴメル化反応により, 1,1,3,3-テトラメチル-1,3-ジシラ-2-オキサシクロヘキサンユニットを含む新規なフルオロアルキル基含有シリコンコオリゴマーが比較的収率よく, 温和な条件下にて得られることが見いだされた。これらフルオロシリコンコオリゴマーは水以外にメタノール, エタノール, テトラヒドロフラン, N, N-ジメチルホルムアミド, ジメチルスルホキシド等の汎用の有機溶剤に可溶となることが示された。興味深いことに, これらコオリゴマーは, ベンゼン, トルエンおよびキシレン等の芳香族系非極性溶剤に可溶となることが見いだされた。これら含フッ素オリゴマーは水の表面張力を効率よく低下させることができ, さらにはこれらオリゴマー表面において高い撥油性能を有するこ, とが明らかとなった。すなわち, これらフルオロアルキル基含有シリコンコオリゴマーは両親媒性材料に特有な性質を示すことが明らかとなった。さらに, これらコオリゴマーはin vitroの系において高選択的な抗エイズ活性を示すことが明らかにされた。

The radical cyclo-co-oligomerization of fluoroalkanoyl peroxides with 1, 3-diviny1-1, 1, 3, 3-tetramethyldisiloxane and acrylic acid was found to afford new fluoroalkylated silicon co-oligomers containing the 1, 1, 3, 3-tetramethyl-1, 3-disila-2-oxacyclohexane unit in excellent to moderate yields under very mild conditions. The fluorosilicon co-oligomers were soluble not only in water but common organic solvents such as methanol, ethanol, tetrahydrofuran, <I>N</I>, <I>N</I>-dimethylformamide and dimethyl sulfoxide, as well. Interestingly, these co-oligomers became soluble even in non-polar aromatic solvents such as benzene, toluene, and xylene. The fluorinated oligomers were able to reduce the surface tension of water effectively and to give rise to good oil-repellency on the surface, thus showing them to have properties typical of amphiphilic compounds. The co-oligomers were observed to inhibit HIV-1; human immunodeficiency virus type 1 induced cytopathogenesis<I> in vitro</I>.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(1), 37-43, 1996-01-20

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

  • <no title>

    JARIWALA C. P.

    Macromolecules 26, 5129, 1993

    被引用文献3件

  • <no title>

    YANG Z. Y.

    J. Am. Chem. Soc. 116, 4135, 1994

    被引用文献5件

  • <no title>

    沢田英夫

    高分子加工 42, 395, 1993

    被引用文献2件

  • <no title>

    沢田英夫

    高分子加工 42, 459, 1993

    被引用文献3件

  • <no title>

    沢田英夫

    材料技術 13, 60, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    沢田英夫

    材料技術 13, 90, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    村橋俊介

    高分子化学 113, 1983

    被引用文献1件

  • <no title>

    SUGA Y.

    Polymer Preprints, Japan 43(2), 189, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    SAWADA H.

    J. Fluorine Chem. 61, 253, 1993

    被引用文献9件

  • <no title>

    SAWADA H.

    Langmuir 10, 994, 1994

    被引用文献9件

  • <no title>

    RESNICK P. R.

    Polym. Prepr., Am. Chem. Soc. Div. Polym. Chem. 31, 312, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    ABE M.

    Langmuir 8, 763, 1992

    被引用文献8件

  • <no title>

    ANTON P.

    Makromol. Chem. 194, 1, 1993

    被引用文献9件

  • <no title>

    SAWADA H.

    Langmuir 10, 994, 1994

    被引用文献9件

  • <no title>

    BABA M.

    J. Acquir. Immune. Defic. Syndr. 7, 24, 1994

    被引用文献5件

  • <no title>

    SAWADA H.

    J. Fluorine Chem. 51, 117, 1991

    被引用文献15件

  • <no title>

    荻野圭三

    油化学 40, 1115, 1991

    被引用文献5件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002268378
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    3954766
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ