各種微生物リパーゼのエステル化反応における脂肪酸選択性 Fatty Acid Selectivity of Various Microbial Lipases for Esterification

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

四種類の微生物リパーゼの脂肪酸選択性を種々の脂肪酸とグリセリンのエステル化反応において検討した。リパーゼOF (Candida cylindracea起源), リポザイム (Mucor miehei起源), リパーゼ F (Rhizopus sp.起源) およびリパーゼM (Mucor javanicus起源) は以下の脂肪酸選択性を示すことが判明した。ステアリン酸, オレイン酸, リノール酸およびリノレン酸の炭素数18の脂肪酸に対し, リパーゼOF, リポザイムおよびリパーゼFはC<SUB>18 : 1</SUB>≧C18 : 2≧C18 : 3>C<SUB>18 : 0</SUB>の順にエステル化しやすい傾向を示したが, リパーゼM はC<SUB>18 : 3</SUB>≧C18 : 2≧C18 : 1>C<SUB>18 : 0</SUB>の傾向を有していた。<BR>また, リパーゼOFは長鎖の飽和脂肪酸より中鎖の脂肪酸を優先的に, すなわち C<SUB>12 : 0</SUB>> C<I>14 : 0</I>> C<SUB>16 : 0</SUB>> C<SUB>18 : 0</SUB>の順に, グリセリンに組み込む傾向を有していたが, リポザイムはこれらの飽和脂肪酸に対する選択性は示さなかった。<BR>イコサペンタエン酸 (EPA, C2<SUB>0 : 5</SUB>) やドコサヘキサエン酸 (DHA, C<SUB>22 : 6</SUB>) のような高度不飽和脂肪酸に対し, 使用したいずれのリパーゼもC<SUB>18 : 1</SUB>に比較して, 特にDHAをグリセリンに組み込み難かったが, リパーゼ Mを用いた場合のみはDHAが比較的高い割合でグリセリンとエステル化されることが判明した。

Fatty acid selectivity of 4 kinds of microbial lipases for esterification were evaluated by using different fatty acids and glycerol. Those lipases such as lipase OF from <I>Candida cylindracea</I>, lipozyme from <I>Mucor miehei</I>, lipase F from <I>Rhizopus</I> sp. and lipase M from <I>Mucor javanicus</I> showed the fatty acid selectivity as follows ; for C<SUB>18</SUB> fatty acids such as stearic, oleic, linoleic and linolenic acids, lipase OF, lipozyme and lipase F tend to esterify easily in order of C<SUB>18 : 1</SUB>≥ C<SUB>18 : 2</SUB>≥ C<SUB>18 : 3</SUB>> C<SUB>18 : 0</SUB>, but lipase M tends to C<SUB>18 : 3</SUB> ≥ C<SUB>18 : 2 </SUB>≥ C<SUB>18 : 1</SUB>> C<SUB>18 : 0</SUB>.<BR>On the other hand, lipase OF tends to introduce into glycerol p<I></I>referentially medium chain saturated fatty acids than long chain acids, namely C<SUB>12 : 0</SUB>>C<SUB>14 : 0</SUB>>C<SUB>16 : 0</SUB> > C<SUB>18 : 0</SUB>, but lipozyme shows no selectivity for these saturated fatty acids.<BR>For polyunsaturated fatty acids such as icosapentaenoic acid (EPA, C<SUB>20 : 5</SUB>) and docosahexaenoic acid (DHA, C<SUB>22 : 6</SUB>), DHA was found to be esterified with glycerol using only lipase M in relatively high ratio, although all lipases used hardly introduce polyunsaturated fatty acids, especially DHA, into glycerol than C<SUB>18 : 1</SUB>.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(1), 45-50, 1996-01-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002268396
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    3954767
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ