新素材「リン脂質」 New Material "Phospholipids"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

リン脂質を素材という見方で見たときの現状をまとめた。レシチンと称されるリン脂質を除くと, 工業化されているリン脂質はグリセロリン脂質の一種のホスファチジルコリンのみで, その価格は数十万円/kgと宝石並の高価品である。しかし, この10年間でリン脂質の研究が進み, (1) リン脂質そのものの生理活性 (2) リボソーム素材 (3) リン脂質複合体 (4) リン脂質による化学修飾の各分野で新製品が開発されてきた。それらを概説した。<BR>リン脂質を単なる化合物と捉えず, 膜構成, 複合体化, 化学修飾の成分と捉えると, リン脂質は明らかに新素材と言える。今後も注目され続けるだろう。

Recent applications of phospholipids are summarized. Except for lecithin, the only phospholipid that is manufactured is phosphatidylcholine (a variety of glycerophospholipid).<BR>During past ten years, phospholipid has been studied on (1) Physiological activity of phospholipids (2) Raw material for producing liposomes (3) Complexes of phospholipids and other materials and (4) Chemical modification by phospholipids. Many new products applied phospholipids have been developed.<BR>Phospholipids are new raw materials. Phospholipid applications will be made more progress on practical use as components of physiological membranes, elements of complex formation and substances for chemical modification.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(2), 127-135, 1996-02-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  44件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002268455
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    3954772
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ