Isolation and Structure Determination of New Monophosphate in Pleurotus salmoneostramineus L. Vass.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

新しい一リン酸エステル, すなわち, 1, 2-エピチオグリセロール-3-リン酸マグネシウムがピンク色の食用キノコのキイロヒラタケ (Pleurotus salmoneostramineus L. Vass.) 中に多量存在していることを見いだした。この特異な構造証明について詳述する。

A considerable amount of a new monophosphate, magnesium 1, 2-epithioglycerol-3-phosphate was found to exist in <I>Pleurotus salmoneostramineus</I> L. Vass., an edible pink-colored mushroom. The structure of this unique substance is described.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(2), 191-193, 1996-02-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002268627
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    SHO
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    3954780
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ