:エタノールアミン型リン脂質の極性基の酵素活性への影響 Glycolipid Enzyme Models. VIII. Effect of Polar Group Structures of Ethanolamine Type Phospholipids on the Enzyme Activity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

極性基の異なる種々のエタノールアミン系リン脂質を合成し, 加水分解酵素モデルとしての糖脂質の混合ベシクルを用いたアミノ酸エステルの加水分解の反応場として用いた。そして, リン脂質が触媒活性に及ぼす影響について検討した。その結果, 反応場が液晶状態の時にはその相転移温度の低いものほど触媒活性を促進させた。一方, ゲル状態の時には逆であった。このことは, 糖脂質の加水分解活性は, 反応場の流動性に影響を受けることを示唆するものである。

Several ethanolamine-type phospholipids, having different head groups, were synthesized and utilized as a reaction field for hydrolyses of amino acid esters using the mixed vesicular system of a glycolipid as hydrolase model. The effect of a phospholipid on the catalytic activity was investigated. When the reaction field was in liquid-crystalline state, the glycolipid exhibited a higher hydrolytic activity in the reaction field of phospholipids having lower phase transition temperature. The field of gel state, on the other hand, gave the reverse result. These facts indicate that the hydrolytic activity of a glycolipid depends on the fluidity of the reaction field.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(3), 243-250, 1996-03-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002268699
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    3954783
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ