両端にフルオロアルキル基を有する新規アクリレートオリゴマーによるポリエステルのSR加工 SR Modification of Polyester by Novel Acrylate Oligomaers End-Capped with Fluoroalkyl Groups

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

過酸化フルオロアルカノイルとポリオキシエチレンメタクリレートから得られる, 両端にフルオロアルキル基を有する新規アクリレートオリゴマーの SR 加工剤としての有効性について, ポリエステルの表面改質から検討した。<BR>空気中のような疎水性環境下では, 表面は撰油性に改質され, その表面自由エネルギー値は 25 mJ/m<SUP>2</SUP>以下であり, 分散力および極性力成分はそれぞれ 16~18, 2~6 mJ/m<SUP>2</SUP>であった。ESCA 分析の結果, フルオロアルキル基は空気に向がって配列し表面を撥油性にしている事が示された。さらに, 表面自由エネルギーの分散力および極性力成分とESCA 分析によるエーテル結合炭素の C<SUB>1s</SUB>および F<SUB>1s</SUB>ピークの含有率との間に高い相関があった。この関係を基に, 布の表面自由エネルギーを見積もった。<BR>一方, 時間とともに水の接触角は減少し未改質の時よりも低くなった。これは, 水中のような親水性環境下ではポリオキシエチレン基が表面へしみ出して来てオリジナル表面よりも親水性へと変化する (IILIP-FLOP 機構) ことによると説明できる。モデル洗浄実験の結果も, これら新規オリゴマーが FLIP-FLOP 型の SR 加工剤として機能することを支持した。

The SR efficiency of novel perfluoroalkyl end-capped acrylate oligomers, which were synthesized from perfluoroalkanoyl peroxides and polyoxyethylene methacrylates, was examined based on the modification of polyester surface.<BR>Under hydrophobic environment (such as in air), polyester surfaces were modified to be oleophobic and their surface free energies were less than 25 mJ/m<SUP>2</SUP>, the dispersive and polar components of which were 16-18 and 2-6 mJ/m<SUP>2</SUP>, respectively. Based on the ESCA surface analy-sis, the fluoroalkyl groups are proved to be oriented to the air to provide an oil repellent surface. Moreover, high correlations are observed between both the dispersive and polar components of surface free energy and the peak area contents of C<SUB>ls</SUB>of ether carbon (CH-O) and F<SUB>1s</SUB>. Surface free energies of modified polyester fabrics were also estimated using these relationships.<BR>On the other hand, with the elapse of time, the contact angles of water of the modified surface decreased below that of unmodified one. It can be interpreted that under hydrophilic environment (such as in water) polyoxyethylene groups swell out the surface and the surface is changed to be more hydrophilic than original one (FLIP-FLOP mechanism).<BR>Washing experiments using model oily soil also supported the FLIP-FLOP action of the acrylate oligomers.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(3), 259-265, 1996-03-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002268719
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    3954785
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ