Bacillus sp. 由来のホスホリパーゼCによるホスファチジルコリンの加水分解の最適条件 Optimal Conditions for the Hydrolysis of Phosphatidylcholine with Phospholipase C from Bacillus sp.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本実験では, まだ特性が明らかにされていない Bacillus sp. 由来のホスホリパーゼ C を用いて, ホスファチジルコリン (PC) を1, 2-ジアシルグリセリンに完全に加水分解するための最適反応条件を検討した。加水分解率は水系の反応よりも溶媒を用いた2層系の反応の方が高くなった。PC の加水分解は pH 7.0 のリン酸二水素カリウムーリン酸水素ニナトリウム緩衝液とジエチルエーテル存在下に促進された。ホスホリパーゼ C による PC-90 の加水分解最適条件は PC-90 : 50mg, ジエチルエーテル : 1mL, リン酸二水素カリウムーリン酸水素ナトリウム緩衝液 (pH 7.0) : 6mL, ホスホリパーゼCを 0.02 U と決定した。この最適反応条件のもとで PC は 80min. で完全に加水分解された。

Optimal conditions for the quantitative hydrolysis of phosphatidylcholine (PC) into 1, 2-diacylglycerol (DG) were determined using little characterized phospholipase C from <I>Bacillus sp</I>., The hydrolysis ratio in a two-phase medium with solvent was higher than in aqueous medium. The hydrolysis of PC was accelerated in the presence of buffer consisting of disodiurn hydrogenphosphate-potassium dihydrogenphosphate at pH 7.0 and diethyl ether. The optimal conditions for hydrolysis were found to be the following ; PC-90 : 50 mg, diethyl ether : 1 mL, phosphate buffer (pH 7.0) : 6.0 mL, and phospholipase C : 0.02 Unit. PC was hydrolyzed completely within 80 min to form DG under these conditions.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(4), 341-345, 1996-04-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002268882
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    3954794
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ