キャピラリーガスクロマトグラフィーによる精製魚油中のIPA及びDHAの定量 -基礎的検討- Quantitative Determination of IPA and DHA in the Refined Fish Oil by Capillary Gas Chromatography -Fundamental Study-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

筆者らは GC 分析により5種類の精製魚油中に含まれるIPA および DAH を定量した。近年, 食品中の IPA および DHA 含量を製品単位重量中のmgで表示することが, 一般消費者から求められるようになった。<BR>GC 分析には, 分離能が高い DB-WAX キャピラリーカラムを用い, メチルエステル化法として, 三フッ化ホウ素°メタノール法と水酸化カリウムーメタノール法を比較した。水酸化カリウムーメタノール法を用いて測定したIPA 含量は, 三フッ化ホウ素-メタノール法を用いて測定した IPA 含量と比較して15%高い値を示した。DHA も同様に 5% 高い値を示した。いずれの方法も IPA および DHA の定量値は, 変動係数 2.5% 以内のばらつきであった。<BR>精製魚油中の IPA および DHA 量は, キャピラリーカラムによるGC分析と水酸化カリウム-メタノール法によるメチルエステル化法を用いることにより正確に定量できることが明らかになった。

Icosapentaenoic acid (IPA) and docosahexaenoic acid (DHA) in five purified fish oils were determined by gas chromatography (GC).<BR>These food components have recently drawn public attention, so the results were expressed as mg/g.<BR>A DB-WAX capillary column was used for the GC, due to its greater separation efficiency. The esterification was compared using both the boron trifluoride-methanol (BF<SUB>3</SUB>-methanol) method and the potassium hydroxide-methanol (KOH-methanol) method. The IPA content determined by the KOH-methanol method was found to be approximately 15% higher than by the BF<SUB>3</SUB>-methanol method. The DHA content by the KOH-methanol method was also higher by 5%. Determinations of IPA and DHA by both methods showed an intra-laboratory variation of less than 2.5%.<BR>These experimental data showed that IPA and DHA in refined fish oils can be accurately determined by capillary column GC and the esterification using KOH-methanol method.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(4), 351-354, 1996-04-20

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

  • <no title>

    前田有美恵

    食衛誌 26, 500, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    大川寛

    油化学 37, 985, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    Joseph & Ackman.

    J. of AOAC International 75, 488, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    Am. Oil Chem. Soc. Ce 1 b-89 75, 3, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    LOUGH A. K.

    Biochem. J. 90, 4C, 1964

    被引用文献1件

  • <no title>

    FULK W. K.

    J. Lipid Res. 11, 276, 1970

    被引用文献2件

  • <no title>

    SOLOMON H. L.

    J. Am. Oil Chem. Soc. 51, 424, 1974

    被引用文献1件

  • <no title>

    清野肇

    油化学 24, 59, 1975

    被引用文献2件

  • <no title>

    磯部次男

    油化学 26, 236, 1977

    被引用文献2件

  • Standard Methods for the Analysis of Oils

    Fats and Derivatives 2., 301-305

    被引用文献1件

  • <no title>

    基準油脂分析試験法 3.2.1.1-83,3.2.1.2-83,3.2.1.3-83

    被引用文献11件

  • <no title>

    基準油脂分析試験法 3.2.1.1-83,3.2.1.2-83,3.2.1.3-83

    被引用文献11件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002268899
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    3954796
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ