カロテノイドの吸収・代謝 Absorption and Metabolism of Carotenoids

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

自然界には500種類以上のカロテノイドが存在し, ヒト血中でも10数種類以上が見い出されている。ヒトでのカロテノイドの吸収・代謝に関しては, まだ解決されていない点が多いが, 近年の分析機器の発展によって微量のカロテノイドが測定されるようになり, 詳細な検討がなされるようになった。<BR>最近, all-transβ-caroteneの異性体である9-cisβ-caroteneの生体内動態が注目されている。動物モデルであるferretsではall-transβ-caroteneも9-cisβ-caroteneもともに, 腸管よりリンパ流に吸収されるが, 血清中で見い出されるのはほとんどがall-transβ-caroteneである。ヒトでも, β-caroteneはall-trans体が主体であり, 9-cis体はほとんど出現しない。しかし, 9-cis体は肝臓などの臓器をはじめ, リンパ球, 血小板中には血清中より高い比率で存在している。ヒトにβ-carotene (60mg) を長期間 (44週間) を投与すると, 血清中だけでなく, リンパ球, 血小板中にも増加し, 9カ月目には免疫細胞であるCD4とCD8の比 (CD4/CD8) が増加した。健常人でも免疫増強作用が確認されたことより, 後天性免疫不全ウイルス (HIV) 感染患者への有効性が期待される。ヒトのさまざまな病態においてカロテノイドの代謝は変化する。たとえば, 高脂血症を示す糖尿病や神経性食思症では高β-carotene血症を示し, 肥満症や低脂血症では低β-carotene血症を示す。β-caroteneの機能にはプロビタミンAとしての作用以外に抗酸化性, 免疫増強作用もあり, 各種病態との関係は興味深い。

Recently the number of new evidences regarding absorption, uptake and transport of β-carotene in humans is increasing, due to high-technology to detect a very small amount of β-carotene and to develop a model animal. All-<I>trans</I> and 9-<I>cis</I> β-carotene was absorbed as the same extent in ferrets, however, 9-<I>cis</I> β-carotene was appeared in plasma at very small amount. The concentration of 9-<I>cis</I> β-carotene was relatively higher in tissues than plasma. A possible mechanism might be operated to regulate the plasma 9-<I>cis</I> β-carotene concentration which could be metabolized to 9-<I>cis</I> retinoic acid. This pathway of 9-<I>cis</I> β-carotene is important because the metabolite could be of the ligand to RXR.<BR>The all-<I>trans</I> β-carotene concentration increased not in plasma, but platelets and mononuclear cells, by the long-term administration of all-<I>trans</I> β-carotene in humans. In this study, the CD 4/CD 8 ratio increased at 9 months after the start of administration.<BR>Hypercarotenemia have been observed in some hyperlipidemic conditions (diabetes mellitus, anorexia nervosa, <I>etc</I>.) in humans. On the other hand, hypocarotenemia is observed in obese children, contrally to α-tocopherol which increased in plasma with obesity rating.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(5), 391-397, 1996-05 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002268922
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    3967145
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ