カロテノイドの抗しゅよう (腫瘍) 作用 Anti-tumor Actions of Carotenoids

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

食事由来のカロテノイドの発癌抑制作用に関する疫学的研究と, ベータカロテン補給による臨床介入試験の結果を簡単に要約し, カロテノイドの抗しゅよう作用に関する細胞生物学的研究の中で, ギャップジャンクションの誘導に関するものと, 細胞周期の調節に関するものの2つを取り上げ解説した。また, 筆者らのカロテノイド研究の最新の成果を, 特に肝癌プロモーターであるミクロシスチンに対する拮抗作用と子宮頚部異形成細胞における上皮成長因子受容体に対する抑制作用の2つに焦点を絞って詳細に紹介した。発癌予防におけるカロテノイドの役割について考察を加えた。

Epidemiological studies on cancer preventive actions of dietary carotenoids and intervetion trials with β-carotene supplement are summarized and two major cell biological studies on ant-tumor actions of carotenoids are described in terms of carotenoid-induced induction of gap-junction and cell-cycle regulation by β-carotene. Our recent progress in carotenoid research is introduced in detail with special references to anti-promotor action against microcystin and suppressive action on epidermal growth factor receptor of β-carotene. Cancer preventive roles of carotenoids are discussed.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(5), 399-405, 1996-05 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002268949
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    3967146
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ