ビタミンAと転写制御 Vitamin A and Its Transcriptional Control

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 加藤 茂明 KATO Shigeaki
    • 東京大学・分子細胞生物学研究所 Institute of Molecular and Cellular Biosciences, The University of Tokyo

抄録

ビタミンAは幅広い生理活性を示し, その効果は分化段階特異的である。ビタミンAの生理作用の大部分は, 核内受容体を介した遺伝子発現調節を介していると考えられている。ビタミンAの活性本体はall-trans型, 9-cis型のレチノイン酸と考えられており, それぞれ特異的に核内受容体であるRAR, RXRに結合する。RAR, RXRはステロイド・甲状腺ホルモン核内受容体スーパーファミリーに属しており, リガンド誘導性転写制御因子である。RAR, RXRはホモあるいはヘテロ2量体として標的遺伝子プロモーターに存在するレチノイン酸応答エンハンサーDNA配列に結合し, 遺伝子の発現を転写レベルで制御する。

Vitamin A shows a wide spectrum of actions in a developmental stage-specific way. Most of vitamin A actions are exerted through nuclear receptor mediated gene expression. The active forms of vitamin A are identified as all-<I>trans</I> (ATRA) and 9-<I>cis</I> (9CRA) retinoic acids, and these retinoic acids specifically bind to the nuclear receptors, RAR (ATRA) and RXR (ATRA, 9CRA), which belong to a gene superfamily of nuclear steroid/thyroid hormone receptor and act as ligand-inducible transcription factors. The homo-and hetero-dimers of RAR and RXR control transcription in a ligand dependent way by binding to target enhancer elements in the target gene promoters.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(5), 407-414, 1996-05 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  40件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002268971
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    3967147
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ