ビタミンDの構造と活性相関 Structure-Function Relationship of Vitamin D

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ビタミンD3の活性型である1 α, 25-dihydroxyvitamin D3は, ビタミンD3に特徴的な内分泌系を介して多彩な生理作用を発揮する。この内分泌系は, 小腸や骨などカルシウム代謝調節にあずかるのみならず, 免疫系や, 正常あるいは癌細胞の増殖・分化過程, あるいは様々な内分泌ホルモン産生細胞の機能にも関係している。<BR>1 α, 25-dihydroxyvitamin D3の構造修飾, 特に側鎖やA環の構造を修飾することにより, 様々な生理機能をもつビタミンD誘導体を産みだすことができる。ビタミンD内分泌系では, ビタミンD結合蛋白質 (DBP) とビタミンD受容体 (VDR) が1 α, 25-dihydroxyvitamin D3の活性発現に重要な働きをする。従って, これら蛋白質に対する結合性を通してビタミンD誘導体の構造と活性相関を研究することはとても有意義であり, ビタミンD内分泌系の詳細な仕組みや難治性疾患 (骨粗鬆症, 腎性骨異栄養症, 癌など) の治療薬開発のコンセプトを理解する道ともなる。

1 α, 25-Dihydroxyvitamin D<SUB>3</SUB>, a biologically active form of vitamin D<SUB>3</SUB>, exhibits a variety of biological responses through the vitamin D<SUB>3</SUB> endocrine system. The endocrine system includes not only regulations of Ca metabolism in intestine and bone, but also regulations of immune system, proliferation and differentiation of normal/malignant cells, and functions of many endocrine cells. Structural modifications of 1 α, 25-dihydroxyvitamin D<SUB>3</SUB>, particularly with regard to the side chain and the A ring generate a wide variety of analogues with highly selective and/or active biological functions. In the vitamin D<SUB>3</SUB> endocrine system, plasma vitamin D-binding protein (DBP) and nuclear vitamin D receptor (VDR) play key roles in the regulations of the actions of 1 α, 25-dihydroxyvitamin D<SUB>3</SUB>. Therefore, it will be important to evaluate structure-function relationship of vitamin D analogues through binding affinity for DBP and VDR in order to understand not only the detailed net work of the vitamin D<SUB>3</SUB> endocrine system, but also the concept for the development of new drugs for treatment of osteoporosis, renal osteodystrophy and cancers.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(5), 415-424, 1996-05 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002269012
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    3967148
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ