ビタミンKと骨代謝 Vitamin K and Bone Metabolism

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 腰原 康子 KOSHIHARA Yasuko
    • (財)東京都老人総合研究所生体情報部門 Department of Biosignal Research Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology

抄録

最近, γ-カルボキシラーゼの補助因子であるビタミンKが骨代謝を調節していることを示唆する論文が, 多数報告されている。ビタミンK2, そのうちイソプレン側鎖4個を持つメナキノン4は, 骨吸収抑制作用と石灰化促進作用の二つの作用を有すが, ビタミンK1は石灰化促進作用のみである。骨代謝における二つの重要な作用を持つメナキノン4は, 最近新しい骨粗鬆症治療薬として開発された。<BR>本総説では, これまで明らかにされたビタミンKの骨代謝におけるメカニズムを述べるとともに, 骨代謝以外でのビタミンKの作用にも言及する。

In a series of recent papers, it has been revealed that vitamin K, a cofactor of γ-carboxylase, might have obviously regulatory effects on bone matabolism. Whereas vitamin K<SUB>1</SUB> affects <I>in vitro</I> mineralization, menaquinone-4 of vitamin K<SUB>2</SUB>, an vitamer with 4 isoprene units at the 3 position of quinone structure, has especially ambidextrous effects, such as inhibition on bone resorption and stimulation on <I>in vitro</I> mineralization. Consequently, menaquinone-4 has been developed as a novel medicine for osteoporosis.<BR>Here, a plausible mechanism of vitamin K effects on bone metabolism is presented, suggesting several discrete effects on various metabolic pathways.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(5), 435-443, 1996-05 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  48件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002269081
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    3967150
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ