2-(ペルフルオロオクチル)エタノールとジシクロペンタジエン付加物のヒドロキシル化およびそのアミノアルキド樹脂塗料への応用 Hydroxylation of the Adduct of 2-(Perfluorooctyl)ethanol and Dicyclopentadiene, and Application to Aminoalkydresin Coatings

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリマーへのペルフルオロオクチル基の導入と, その塗料組成物への応用について, 次の順序で研究した。<BR>1) 8 (9) - [2- (ペルフルオロオクチル) エトキシ] トリシクロ [5.2.1.0<SUP>2,6</SUP>] デカ-3, 4-エポキシドのジオキサン溶媒中での塩酸との反応, 触媒BF<SUB>3</SUB>存在下での過剰のメタノール中での反応によって, 高収率, 高純度に各々相到するヒドロキシ化合物が得られた。<BR>2) 前記ヒドロキシ化合物とイソホロンジイソシアナート等モル反応により, 2種類の変性剤を合成した。<BR>3) 変性剤の短油長アルキド樹脂への添加, 加熱でアルキド樹脂のヒドロキシ残基とイソシアナートの反応は完結した。<BR>4) ペルフルオロオクチル変性アルキド樹脂とブチル化メラミン樹脂からアミノアルキド樹脂塗料組成物を調整し, 造膜, 焼付処理して, 接触角および動的粘弾性を測定した。<BR>結果は次の様になった。<BR>(A) 未変性アミノアルキド塗膜の接触角が80~85度に対し, ペルフルオロオクチル約2wt.%含有の変性アミノアルキド膜でも, 110度程であった。<BR>(B) 変性アミノアルキド塗膜のTgは, 架橋密度の減少にもかかわらず, 上昇した。変性剤はペルフルオロオクチル基と脂環構造のつり合いが良く, 優れたものであった。

Means were sought to introduce a perfluorooctyl group into a polymer for application to coatings.<BR>1) 8 (9) - [2- (perfluorooctyl) ethoxy] tricyclo [5.2.1. 0<SUP>2, 6</SUP>] deca-3, 4-epoxide was made to hydrochloric acid in dioxane or exess methanol in the catalyst, BF<SUB>3</SUB>, and as a result, hydroxy compounds could be obtaind high yield and purity.<BR>2) Through equimolor reaction of isophorone diisocyanate with each of the hydroxy compounds, two different modifiers could be obtained.<BR>3) On adding each modifier to a short oil alkyd resin and heating, isocyanate reacted completely with the residual hydroxy group of the alkyd resin.<BR>4) Aminoalkyd coating was made by mixing perfluorooctyl modified alkyd and butylated melamine formaldehyde resin. After coating aminoalkyd coatings by the applicator and curing, contact angles and mechanical properties were measured.<BR>The following results were obtained : <BR>1) The contact angles of a cured coating sample 8085°, in the case of using unmodified aminoalkyd coating.<BR>This parameter was 110° in the case of modified aminoalkyd coating containing perfluorooctyl at only 2 wt%.<BR>2) Tg. usually increased, though crosslinking density decreased as a result of introducing the modifier.<BR>All modifiers were quite good owing to balance between the perfluorooctyl group and alicyclic structure.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(5), 467-477, 1996-05 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002269193
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    3967154
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ