Preparation of Acylglucose by Invertase from Acylsucrose as a Biomimetic Surfactant

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

位置選択的に合成した6-O-アシルスクロースおよび市販のショ糖エステル (L1695) をインベルターゼで酵素分解することによって, 新たにアシルグルコースが合成された。6-O-オクタノイルスクロースから51% の収率で6-O-オクタノイルグルコースが得られた。これらの6-O-アシルグルコースおよびL1695からのアシルグルコース・フラクションはカラムクロマトグラフィーによって単離・精製され, TLC, <SUP>13</SUP>C-NMRおよびFAB/MSによって分析された。 L-1695を酵素分解したアシルグルコース・フラクションは, 水溶性が大で表面張力低下作用が大きく, また起泡作用と泡安定性が優れていた。6-O-アシルグルコースは大きな表 (界) 面張力低下作用を示したが, 水に対する溶解度は6-O-アシルスクロースよりも小さくなった。

Regioselectively synthesized 6-<I>O</I>-acylsucroses as well as commercial sucrose esters were hydrolyzed by enzymatic cleavage of invertase to obtain 6-<I>O</I>-acylglucoses and an acylglucose fraction, respectively. 6-<I>O</I>-Octanoylglucose was prepared in 51% yield from 6-<I>O</I>-octanoylsucrose. Products were isolated and purified by column chromatography and characterized by TLC, <SUP>13</SUP>C NMR and FAB/MS analyses. Surface active properties of the acylglucose fraction indicated particularly better capacity for lowering surface and interfacial tension, and foam stabilizing actions compared to the sucrose esters. The decrease in surface tension brought about by 6-<I>O</I>-acylglucose exceeded that by 6-<I>O</I>-acylsucrose. Water solubility of the former was less than that of the latter.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(6), 523-528, 1996-06-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002269256
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    3986428
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ