Biosynthesis of Lipids and Their Changes during Culture of Selected Yeast Strains on Carrot Juice. I.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ニンジン汁液に植えた酵母10株中より, Phodotorula gracilis 2及びTrichosporon cutaneum 1を選択した。Wickerham (W) の方法で調製した培養液による予備試験では, 上記2株の油脂生産性が優れていた。β-カロテン生産後のニンジン汁液廃水を油脂生産酵母の培養に用いた。培養した酵母菌体より得られる油脂のアシルグリセリン, 遊離脂肪酸, リン脂質, ステロール及び核酸を定量した。

Two strains of yeasts : <I>Rhodotorula gracilis</I> 2 and <I>Trichosporon cutaneum</I> 1 were selected from ten strains for use in the present study. After preliminary culturing on the Wickerham [W] synthetic medium the strains were considered maximally oleaginous. The waste carrot juice remaining after production of β-carotene was used for the culture of oleaginous yeasts.<BR>The lipids obtained from the cultured yeast biomass were examined for acylglycerols, free fatty acids, phospholipids, sterols and nucleic acids content.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(6), 555-560, 1996-06-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002269313
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    3986432
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ