CH/π相互作用-その化学・生命科学とのかかわり- The CH/π Interaction-Implications in Chemistry and Life Science-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

CH/π相互作用はソフトな酸 (CH) とソフトな塩基 (π電子系) の間に働く弱い水素結合的な力である。この結合力の存在は, X線結晶解析, IR, NMR, CD (円二色性) スペクトルや, これらの組合わせによる実験手法で証明された。分子軌道法計算もその結論を支持する。CHにせよπ系にせよ, 化学構造の中に一定の対称性をもって存在するのが一般であるため, CH/π結合力は多重に働くうえ相互作用のチャンスが大きい。有機化合物の立体配座やクロマトグラフィーにおける分離効率, タンパク質の高次構造の中にこの親和力が働いていることが分かった。最後に, 上の考察をふまえ, この概念の生命科学, 物質科学における含意についてふれた。

The CH/π interaction is a kind of weak hydrogen bond (<1 kcal·mol<SUP>-1</SUP>) occurring between soft acids (CHs) and soft bases (π-electron systems). Evi-dence for such a weak attractive molecular force has been obtained by various methods, including X-ray crystallography, IR, NMR, CD spectroscopies, and combination of these methods. The conclusion has been supported by molecular orbital calculations. The characteristic features of this attractive force is that CHs and π-groups are arranged generally in chemical structures in a symmetrical manner and have many chance to interact. Moreover, the interaction may occur in protic media. The problems of conformation, chromatography, and the structure of proteins have been discussed in the light of the CH/7 interaction. Suggestions have been made, on ground of these findings, as for the applications of the concept in life science and materials science.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(7), 609-617, 1996-07 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  37件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002269383
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4012489
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ