シリカゲルカラムを用いた超臨界流体クロマトグラフィーにおける非イオン性化合物の溶出挙動とステップグラジエント分画 Elution Properties and Step Gradient Fractionation of Nonionic Compounds on Supercritical Fluid Chromatography Using Silica Gel Column

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 五十嵐 章紀 IGARASHI Akinori
    • ライオン株式会社研究開発本部分析センター Lion Corporation, Reserch & Development Headquarters, Analytical Research Center
    • 田中 幸子 TANAKA Sachiko
    • ライオン株式会社研究開発本部分析センター Lion Corporation, Reserch & Development Headquarters, Analytical Research Center
    • 堀口 恭伸 HORIGUCHI Yasunobu
    • ライオン株式会社研究開発本部分析センター Lion Corporation, Reserch & Development Headquarters, Analytical Research Center

抄録

シリカゲルカラムを用いた超臨界流体クロマトグラフィー (SFC) における, いくつかの極性ないし非極性化合物の溶出挙動を検討した。薄層クロマトグラフィーにおいて, 理論式; [logk'=α (S<SUP>0</SUP>-A<SUB>s</SUB>Xε<SUP>0</SUP>) + C] として報告されている関係, すなわち, 容量係数 (k'), 吸着エネルギー (S), 吸着断面積 (A<SUB>s</SUB>) 及び溶媒強度 (ε<SUP>0</SUP>) の間の関係式が, われわれが行ったSFCの条件下でも成立することが分かった (Cはカラム定数, αはシリカゲルカラムの活性化度である) 。この結果から, 個々の化合物の溶出時間は予測が可能であり, モディファイヤーの種類と濃度を適切に選ぶことにより, クロマトグラフ条件が容易に設定できることが示唆された。本法を香粧品及び化粧品に用いられる成分の混合物の, ステップグラジエントモード分画に応用した。炭化水素, 脂肪アルコール, アルキルグリセリルエーテル, 脂肪酸モノエタノールアミド, 脂肪酸ジエタノールアミドが良好に分画できた。

The elution properties of various polar and apolar nonionic compounds on supercritical fluid chromatography (SFC), using a silica gel column were studied. Relationships among capacity factor (<I>k</I>'), adsorption energy (<I>S</I><SUP>0</SUP>), adsorption cross area (<I>A</I><SUB>s</SUB>) and solvent strength (ε<SUP>0</SUP>), were reported in thin layer chromatography as theoretically [log <I>k</I>' =α (<I>S</I><SUP>0</SUP>-<I>A</I><SUP></SUP><SUB>s</SUB>×ε<SUP>0</SUP>) +C] (C, column constant and α, activation factor of the silica gel column). The elution time of each compound could be predicted and chromatographic conditions could be easily established by the proper choice and concentration of modifier. These findings were applied, in a step gradient mode, to the fractionation of toiletry and cosmetic ingredient mixtures. Hydrocarbons, fatty alcohols, alkylglycerylethers, fatty acid mono- and di-ethanolamides were found to be fractionated quite efficiently.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(7), 655-659, 1996-07 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002269511
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4012495
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ