ポリエチレングリコールラウリルエーテル水溶液挙動に及ぼすエタノールの影響 Effect of Ethanol on the Behavior of Polyethyleneglycol Lauryl Ether in Aqueous Solutions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

非イオン系界面活性剤であるポリエチレングリコールラウリルエーテルのエタノール水溶液中における挙動を明らかにした。POE付加モル数の異なるラウリルエーテルの, 比率の異なるエタノール水溶液中における表面張力, 浸透力, 起泡力, 泡の安定性, 表面粘弾性, 動的表面張力, 可溶化量を測定した。これらの結果から, 水溶液表面ではラウリルエーテル分子が吸着配向し膜を形成しているのに対し, エタノール水溶液表面ではエタノールの比率が10%を越える頃からラウリルエーテル分子が液中に潜り込み始め, 20%付近では活性剤分子は表面には存在しないことが推察された。溶液内部では, 可溶化量が4分の1~5分の1程度に減少し, ミセルの状態が変化したことが推察された。

Examination was made of the behavior of polyethyleneglycol lauryl ether (non-ionic surfactant) in aqueous ethanol solution. Surface tension, penetration power, foaming power, foam stability, viscosity, dynamic surface tension and solubility of lauryl ether with different numbers of P.O.E. concentrations of aqueous ethanol were measured.<BR>From results, the following became apparent. At the air/water interface, lauryl ether forms an absorption film. When ethanol is added to water at 10%, laurly ether begins to dissapear from the surface, and at 20%, surfactant molecules are not present on the surface. At the bulk of the solution, solubility decreased to 1/41/5 that of water, indicating that micells to have changed.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(7), 661-666, 1996-07 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002269525
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4012496
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ