Boreava orientalisのフェノール化合物の酸化防止活性 Antioxidative Activity of Phenolic Compounds of Borewva orientalis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Boreava orientalisの果実より得られた2種の新規物質を含む11種のフェノール化合物の酸化防止作用を, 2, 2'-アゾビス (2, 4-ジメチルバレロニトリル) (AMVN) によるリノール酸メチルの過酸化系を用いて検討した。これらの化合物はいずれも酸化防止活性が認められた。シナピン酸 (10) およびその誘導体 (9), (11) の活性は, 特に顕著であった。

The antioxidative activity of eleven phenolic compounds, two of which, (8) and (11) were new compounds, were isolated from the fruit of <I>Boreava orientalis</I> (Cruciferae), was examined by methyl linolate peroxidation which was induced by 2, 2' -azobis (2, 4-dimethyl-vareronitrile) (AMVN). All phenolic compounds showed antioxidative activity. The activity of sinapic acid (10) and its derivatives, (9) and (11), was remarkably high.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(7), 671-673, 1996-07 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002269557
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4012498
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ