機能性タンパク質の配向制御 Controlling Orientation of Functional Proteins

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小山 行一 KOYAMA Koichi
    • 新技術事業団「さきがけ研究21」 Precursory Research for Embryonic Science and Technology(PRESTO), Research Development Corporation of Japan(JRDC)

抄録

機能性タンパク質の人為的配向制御は将来のバイオデバイス開発に必要不可欠な技術である。本報告では, まずこれまで試みてこられた感光性タンパク質の一般的な配向制御技術を概観した後, バクテリオロドプシンというきわめて安定なタンパク質をBS抗体という一分子に2種の異なった結合サイトを有する特殊な抗体を用いて配向を制御したわれわれの結果を紹介し, さらに免疫電顕法による配向状態を解析する手段についても述べる。

Orienting functional proteins is essential for construction of a biochip in the future. In this article, general methods for orienting photosensitive proteins on a solid substrate are reviewed. Then a rational method to control the orientation of an extremely stable light sensitive retinal protein, bacteriorhodopsin, by two kinds of bispecific (BS) antibodies with different binding sites is described. The confirmation of the orientation and uniformity of bacteriorhodopsin by immuno-gold labeling techniques is also discussed.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(8), 715-722, 1996-08 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002269567
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4021259
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ