Biodegradability, Hydrolytic Degradability Builder Performance of Strach-Based Polycarboxylates Derived from Tropical Plants

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

部分的ジカルボキシル化多糖をコーン, サゴ及びタピオカデンプンより合成し, それらの生分解性, 加水分解性及び洗剤配合物中でのビルダー性能について比較を行った。ジカルボキシル化デンプンナトリウム塩 (DC-starch) の生分解性はジカルボキシル化度に依存した。約75-85mol%以上の未反応グルコピラノース部分をポリマー鎖中に有するDC-starchは優れた生分解性を示した。一方, ジカルボキシル化度の高いDC-starchは生分解性に劣ったが, 洗剤組成物中で優れたビルダー性能を示した。コーン, サゴ及びタピオカデンプンから得られたDC-starchの中では, 加水分解性及びビルダー性能に顕著な差異は認められなかった。

Partially dicarboxylated polysaccharides were prepared using starch from corn, sago and tapioca and comparison was made of their biodegradability, hydrolytic degradability and builder performance in detergent formulations. The biodegradability of dicarboxylated starch sodium salt (DC-starch) depended on the dicarboxylation degree. DC-starch containing more than 7585 mol% unreacted glucopyranose groups in the polymer chain showed excellent biodegradation. DC-starch with high dicarboxylation degree was resistant to biodegradation but showed good builder performance in detergent formulation. Among DC-starches from corn, sago and tapioca starches, hydrolytic degradability and builder performance were essentially the same.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(8), 723-730, 1996-08 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002269596
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4021260
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ