油脂分解微生物の利用(第1報)Candida famata US-238株によるドコサヘキサエン酸の相対的濃縮 Utilization of Oil-Decomposing Microorganisms. I. Relative Concentration of Docosahexaenoic Acid by Candida famata US-238

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

油脂を分解資化する微生物の中で相対的にドコサヘキサエン酸 (DHA) を資化する能力の低いものについてスクリーニングし, 一菌株を得た。本菌は (財) 日本食品分析センターによって <I>Candida famata</I> US-238 と同定された。本菌を用い, 魚油中の DHA の相対的濃縮に適する培養条件について検討した。さらに, 大量の DHA 高含有油脂を調製するという目的から, ジャーファーメンターを用いた培養を試みた。その結果, DHA 約 50% を含有する油脂を得ることができた。

During the screening among the oil decomposing microorganisms which had a low decomposing ability for docosahexaenoic acid (DHA), we isolated a strain identified as <I>Candida famata</I> US-238 by Japan Food Research Laboratories. The optimal cultivation conditions of this strain for relatively concentrating DHA from fish oils were examined. Furthermore, we investigated the feasibility for the mass production of the oil with high DHA concentration by this strain in the jar fermenter. An oil containing about 50 per cent DHA was obtained.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(8), 741-746, 1996-08 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002269647
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4021262
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ